子供の運動神経について

逆上がり・跳び箱の苦手はマット運動で解決!?お家でできる器具運動とマット運動の秘密

本日は

逆上がり・跳び箱の苦手はマット運動で解決!?
器具運動とお家でできるマット運動の秘密

についてお話していきます

マット運動と言えば 前転や後転など様々な技がありますよね

ではこれが、なぜ鉄棒や跳び箱の悩みを解決するか 順番に解説していきます

結論


マット運動には
鉄棒・跳び箱の基礎が詰まっている

どういうことか 具体例をつかって説明していきます

マットで逆上がりができるようになる!?

以前逆上がりの解説記事でさらっとふれましたが

マット運動の後転と逆上がりの感覚はとても近く

どちらも 体の円運動(回転運動)からおこなう技です

まだ見ていない方はこちらを参考にしてください
⇛\最短で逆上がりができる方法/

逆上がりができない原因の多くは

円運動が滑らかにできていないことにあります

これは見よう見まねでできる子もいれば

なかなか習得できない子もいます

そういった子にはまずは 後転(後ろ回り)をすることで

回転運動をする時の体の使い方

直感的に覚えることができます

マット運動でできる逆上がりの練習方法

ではどのようにすればより効率的かつ効果的に

マット運動を逆上がりにつなげることができるか

説明していきます

先程から述べているように

後転が良いですが、一人で回れない子もたくさんいます

そういった子供には、坂を作って上げてください

お尻の着く位置が足より5〜10cm程度低くなればOKです

お家でされる方は布団で段差を作ってみてください

それでも子供の力だけで回るのが難しい場合は

頭が体の下に行った時に

腰を少し持ち上げてみてください

最後は子供自身で床を押しながら

体を起こせるようになれば後転の動作が完成します

慣れてくれば次第に一人でできるようになるので

坂を無くしてみても良いでしょう

子供の様子を見ながらステップアップしてみてください

マット運動で跳び箱が跳べるようになる!?

次は跳び箱です 跳び箱が跳べない原因の多くは

  1. 腕支持ができていない
  2. 三半規管のパニック状態

このどちらかが原因です

どちらもマット運動をしっかりおこなうことで 解決できる内容です

②の詳細は過去記事を参考にしてみてくてください

マット運動でできる跳び箱の練習

ではマット運動やお布団でできる

跳び箱の練習法を解説していきます

基本的にごっこ遊びの延長ですが

小学生でも恥ずかしがらずにできる練習方法も

ご紹介していきます

①くまさん歩き

これは四つん這い歩きです

ハイハイではなく、お尻の位置を高く 力強く手と足を着くことで、

跳び箱に必要な

腕の力腹筋の使い方

顔を上げるので瞬発的に腕をつく神経の発達を促せます

②カエルジャンプ

動作が複雑なので順番に説明します

①しゃがんだ状態で足を開きます
②両手を体の前に力強く置きます
③手が床に付いた瞬間に両足を持ち上げます

跳び箱では手を付いた瞬間にタイミングよく

ジャンプする必要があります

そして最後は腕の力で体を押して前に進みます

そのタイミングと、腕で体を支える感覚を カエルジャンプで身につけます

小学生でもできるごっこ遊び

ではクマさん歩きカエルジャンプ

小学生以上の子供でも恥ずかしがらずに

できる方法をご紹介します

じゃんけん回り

じゃんけん回りとは、

ペアで対決するゲーム感覚の運動遊びです

<ルール>
①向かい合ってジャンケンします
②勝った人は大きくジャンプ
③負けたら相手の回りをカエルorクマで一周します
※カエルは先程と違い前に進む応用ですが小学生なら比較的簡単にできます

このように遊び感覚で行えると 自然と

恥ずかしい < 勝負のワクワク

という形になります

親子や兄弟、お友達とやってみてくださいね

まとめ

ここまでの内容をまとめると このようになります

逆上がり後転で克服できる
跳び箱クマさ歩きカエルジャンプで克服できる

マットに限らずお布団などでもできるので ぜひやってみてくださいね♪

個別レッスン宣伝(キャンペーン実施中)

コロナ禍で思うように習い事に行けない』 短期集中で苦手を克服したい

という方向けに個別レッスンを始めました(関西限定)

みなさまのご自宅の近くの公園などで

かけっこや鉄棒、運動神経向上運動など

多種多様に運動指導しております

現在は元気なお子様を増やす応援企画として

初回2,000円(1時間)

お試しキャンペーンもしております♪

興味がある方はぜひ、お問い合わせください

 

ABOUT ME
はち
水泳や体操、運動遊びの指導をしながら幼稚園や保育所で先生たちに向けて指導講習をしています。運動好きの子共を増やすために運動神経や子供の発達発育について日々情報発信しています。個別での運動指導も承っています♪