子供の運動神経について

コーディネーション能力で制する!運動神経を高める方法(高学年向け)

みなさんこんにちは、はちです

本日は

運動神経を高める方法

についてお話していきます

運動神経を高めて野球やサッカー、バスケットボールなどの

競技スポーツの技術向上に繋げたい方は必見です

できる限り分かりやすく砕いて説明していきます

競技力向上に必要な能力とは

では解説していきます

本日のキーワードは

競技力の向上に無くてはならない

コーディネーション能力です

聞かれたことがある方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

最近ではコーディネーション能力の向上に特化した

運動教室もあるようです

コーディネーション能力とは

本日はコーディネーション能力について解説します

コーディネーション能力を一言で言うと

目や耳からの情報を処理する能力です

これだけでは??ですよね(笑)

また厳密に言うとコーディネーション能力とは

7つの能力から構成されております

なので、それぞれが

どういった場面で発揮されるか

具体例をまじえて

本日は特に重要な『定位能力』

について解説していきます

①定位能力

定位能力とは

自分とモノ(ボールや相手)との位置関係を

正確に把握する能力です

例1 鬼ごっこ

運動遊びで言えば「鬼ごっこ」を想像してください

鬼ごっこでの子供の一連の動作はこのようになります

①鬼を見つけ自分との距離を頭の中で計測
②味方にぶつからないように広いところを探す
③タッチされないように逃げる

さて、この中で能力』

何番で発揮されているでしょうか?

正解は①〜③全てです

なぜなら、どれも

目で見て空間にあるものや距離を把握しています

ただただ遊んでいるようで実は

とっても重要な遊びだったんですね

指導者の中でも、

教室のウォーミングアップに

鬼ごっこをする先生は

多数いらっしゃいますね

ではこの能力が競技で発揮される場面はどこでしょう

例2 コートゲーム・フィールドゲーム

まずはじめに、この定位能力ですが

コート及びフィールドがあるスポーツ全てに使われます

本日はバスケットボールで考えていきましょう

バスケットボール

みなさんご存知バスケットボールは

一般的に以下の流れでプレーします

オフェンス(攻め側)の場合
①パス回しでボールを運びます
②ボールを持っていればシュートorドリブルorパス
③(ボールを持っていなければ)パスのもらえるところへ移動

これも①〜③すべてで定位能力が発揮されています

発揮されるタイミングは以下の通りです

①パス回しでボールを運ぶ:
ボールを追いながら味方と敵の動きを把握しています

②ボールを持っていればシュートorドリブルorパス:
自分と敵の距離が遠ければシュート、
近ければドリブル、他にフリーになっている味方がいればパスと、
<味方・敵・空間>の位置を考えて最善策を選択します
(※なぜ?となるかもしれませんが、ひとまずそういうものだと考えてください)

③(ボールを持っていなければ)パスのもらえるところへ移動敵との距離とゴールの位置を把握しながら動きます

このように全てのタイミングで

定位能力は発揮されます

足が速い高く跳べると言った身体的な

運動能力とは違います

これはバスケだけではなく

サッカーや野球、テニスなど

様々なスポーツでも大きく関係しています

スポーツ以外でも生きてくる『定位能力』

ここまで『定位能力』と

運動の関係性をお話してきました

実は日常生活でも幼少期は

安全を守るため、非常に重要になってきます

その場面とは

道を歩いているときです

車や障害物に気づくか気づかないか

これは子供の身の安全を守るため

必須能力になります

鬼ごっこで考えてみましょう

鬼を見失ったり

反対に鬼しか見ていなくて壁や味方と

衝突する場面がありますよね

これは前しか見ていない状態と一緒です

小学生になると一人で通学ですよね

その時に危険な目に合わないように

幼少期より、鬼ごっこや追いかけっこで

しっかりと『定位能力』を養いましょう

個別レッスン宣伝

コロナ禍で思うように習い事に行けない』

短期集中で苦手を克服したい

という方向けに個別レッスンを始めました(関西限定)

みなさまのご自宅の近くの公園などで

かけっこや鉄棒、運動神経向上運動など

多種多様に運動指導しております

>>詳しくはこちら

現在は元気なお子様を増やす応援企画として

初回2,000円(1時間)

お試しキャンペーンもしております♪

興味がある方はぜひ、お問い合わせください

>>お問い合わせフォーム

ABOUT ME
はち
水泳や体操、運動遊びの指導をしながら幼稚園や保育所で先生たちに向けて指導講習をしています。運動好きの子共を増やすために運動神経や子供の発達発育について日々情報発信しています。個別での運動指導も承っています♪