子供の運動神経について

運動能力向上に向けて子供が歩き始めたらすること

みなさんこんにちは、はちです

本日は運動神経の発達に欠かせない

運動能力向上に向けて、子供が歩き始めたらやること

について紹介します

歩きだしと運動神経にどんな関係性が?

そんな疑問がある方も多いはずです

本日は今までの運動動作とは少し毛色の違う

身体のメカニズムのお話になります

『何をすればいいのか、だけを知りたい』

という方は、飛ばしていただいてもいいですが

お子様の発達う発育という面では

かなり重要なお話なので

少しだけでも覗いてください

できる限り簡単にまとめています

運動神経と『歩く』

『歩く』という動作について

歩くという動作は

あらゆる動作、あらゆるスポーツの基本になります。

運動神経を養うのであれば

基礎的な動きを、より正しくみにつける必要があります

そのためには

足の裏の『土踏まず』をしっかり作ってあげる必要があります。

土踏まずがないとどうなる?

近年土踏まずがない子が増えています。

土踏まずがないと

体への負担が大きくなります

つまり

『疲れやすい』『転びやすい』

といった症状が出ます。

何をすればいいの?

ではどうしたらいいのかお話します。

それは

裸足で歩く

という事です。

裸足で歩くことで

足指で地面をつかんで、蹴り上げながら歩く

という習慣が身につきます。

できれば室内だけでなく

公園の芝生や砂場などもどんどん

歩かせてみてください。

外で裸足になることに抵抗がある方は

家の中で少し坂を作って

登ったり下ったりと

『踏ん張る』

という動作をして見て下さい。

さいごに

冬の時期などは

足が冷えるんじゃないかと

靴下をはかせる親御さんは多いですが

子供は

手や足の裏で体温を調節しているので

あまりにも寒い日の屋外などでなければ問題ありません。

また最近では裸足で遊べるように整備された公園なども

徐々に増えてきているようです。

みなさんの周りでもあるかもしれないので

一度調べてみてはいかがでしょうか?

余談ですが、

トップアスリートと呼ばれる方の多くも

幼少期は裸足で過ごしている時間が多かったそうです。

プロゴルファーの横峯選手や、

トップジョッキーの武豊選手なども

以前テレビでそのようなお話をされていましたね。

かくいう私はかなりの偏平足です・・・(笑)

足裏のマッサージをしながら

タオルを指でたぐり寄せる

タオルギャザー

という運動をすることで徐々に

解消されてきました。

大人の方で偏平足が気になる方はぜひやってみてください。

個別レッスン宣伝

コロナ禍で思うように習い事に行けない』

短期集中で苦手を克服したい

という方向けに個別レッスンを始めました(関西限定)

みなさまのご自宅の近くの公園などで

かけっこや鉄棒、運動神経向上運動など

多種多様に運動指導しております

>>詳しくはこちら

現在は元気なお子様を増やす応援企画として

初回2,000円(1時間)

お試しキャンペーンもしております♪

興味がある方はぜひ、お問い合わせください

>>お問い合わせフォーム

ABOUT ME
はち
水泳や体操、運動遊びの指導をしながら幼稚園や保育所で先生たちに向けて指導講習をしています。運動好きの子共を増やすために運動神経や子供の発達発育について日々情報発信しています。個別での運動指導も承っています♪